スパトレ効果なしはウソ!英会話初心者のリアル体験談

スパトレは本当に英会話に効果があるのかを調べてみました。

評判や口コミをまとめるだけでなく、実際に体験してみた感想も記事にしてみました。

実際にレッスンを受けてみると意外と使える事がわかりました。

とはいえスパトレにもメリットとデメリットがあります。

スパトレについて詳しく解説するので、試す前に是非参考にして下さい。

スパトレは効果なし?

スパトレは効果がないというウワサがあります。

本当に効果なしなのかネットで調べてみました。

その結果、効果を感じる人と効果を感じない人がいることがわかりました。

スパトレについて、どんな口コミがあるのかは後で紹介するとして。

まずは特徴がわかるように、効果を感じる人と感じない人の違いをまとめたので見てみましょう。

効果を感じる人

スパトレで効果を感じる人は次の特徴がありました。

・目標がはっきりしている
・長期間勉強している
・毎日勉強している
・予習復習をする

スパトレは特徴的な英会話スクールです。

(どんな特徴があるかは後で解説しますね!)

特に自分で予習復習をしっかりデキる人は効果を感じることができるみたいです。

また、英語学習の基本ですが、目標が決まっている方が良いです。

自分に必要なものはなんなのか、弱点はなんなのかがはっきりします。

なんとなく漠然と英語が喋りたいと思うだけでは、なかなか身につきません。

英語をどんなときに使いたいか、具体的に決まっている人ほど有利です。

効果を感じない人

スパトレで効果を感じない人は次の特徴がありました。

・自主学習できない
・ネイティブ講師じゃないとやる気がでない
・深夜しか勉強できない
・自己流の勉強法が好き

スパトレで効果を感じない人は、自主学習が苦手な人が多いです。

しっかり予習復習をするというシステムなので、「ただ話したいだけ」という人は身につけるのが大変です。

このシステムで勉強したくない、自己流の勉強法が良いという人も無理ですね。

また、スパトレはほとんどがフィリピン人講師で、ネイティブ講師ではありません。

英語力は問題ないのですが、いわゆる欧米人から学びたいという人はやる気がでないみたいです。

深夜にしか勉強時間が取れない人も効果を感じにくいみたいです。

スパトレは24時間レッスンが受けられるのですが、深夜は稼働している講師が少なくなるみたいないんです。

なかなかテンポ良くレッスンが受けられず、待ち時間が増えていまいち効果を感じないというわけです。

スパトレの評判・口コミまとめ!

スパトレの効果についての評判・口コミをまとめてみました。

利用者の人たちは、スパトレを使ってどんな効果が出ているのでしょうか?

悪い口コミ

「無制限プランでも予約は1つしかできないので、1日に受けたいだけ予約するってことは難しい。
講師の数がそんなに多くないので、朝受けたら次が夕方しか空いてないという講師もいる。
1日1レッスンにしてしっかり予習して受ける方法が良さそう。」

「サイトが使いづらい。
安くてメソッドは良いのに、使い勝手が悪いから。
予約できなくなっちゃうし、レッスンできないんじゃ仕方ない。」

「簡単な受け答えしかできないから初心者用の教材を選んだけど、説明が早口でわからないままスタート。
講師の質問がレベル高くて理解できなかった・・・。」

良い口コミ

「予習復習が前提になっているのが効果的だと思う。
事前にビデオを見たり、英作文をする教材が多いです。
レッスン外の時間でも勉強する習慣がつきます。」

「レッスンの最初で単語の説明と練習があるので、初級者から上級者まで語彙力アップに良い。」

「科学的なトレーニング方法でレッスンできる。
最初の実力テストで弱点と克服方法がわかるので、苦手なところを科学的にパワーアップさせることができる。」

「少しずつ長い文章をその場で作れるようになってきて、思ったことを言えるようになった。
外国の友人が日本に来たときに案内することもできるようになったので、かなり効果あったと思う。」

「自分の授業の録画を見て効果的に復習できるのがいい。
口の形と舌の位置が間違ってて、自分の声を聞くって大事だってわかった。」

スパトレのリアル体験談

実際にスパトレの無料体験レッスンを試してみました。

その時の様子を書いていこうと思います。

まずは私の英語レベルについてまとめてみました。

英語レベル:英会話初心者
学習の目的:英会話ができるようになりたい

こんな感じです。

登録

スパトレではスカイプを使ってレッスンをしますが、登録時にスカイプIDが必要です。

登録するまえにスカイプをインストールしておきます。

登録に必要なのは次の4つです。

・メールアドレス
・パスワード
・クレジットカード
・スカイプID

この3つを入力して、登録完了となります。

支払情報というのはクレジットカードの登録です。

スパトレでは、無料期間が終わったときに自動で課金され続きから学習することになります。

体験だけで辞める場合、無料期間中に解約しないといけないので注意して下さい。

ちなみに、1日1回のプランと無制限のプランどちらでも体験できます。

私は予習復習に時間が必要だと思ったので1日1回のプランにしました。

英語を勉強する目的や、いつまでに身につけたいか、1日の勉強時間などを入力します。

最後に実力テストを受ける日時と講師を予約して終了です。

実力テスト

最初のレッスンは実力テストです。

テストは次の項目があります。

・リスニング
・単語テスト
・スピーキング
・受け答え
・リーディング

1レッスン25分です。

私にはリスニングが難しく、早口で話されると何を言っているのかわからずテンパってしまいました。

単語やスピーキングはなんとかなりました。

あと、通信状況によっては講師の音声が聞き取りにくいことがあります。

結果は24時間以内に送られてきます。

日本人サポートと担当講師からのコメントがあります。

リスニングが弱点なのと、恥ずかしがらずもっとたくさん話したほうが良いそうです。

発音はうまく出来てると褒められました。

最後におすすめの教材をいくつか紹介してくれます。

市販の教材はサイトから無料でみられるわけではなく、アマゾン等で購入する必要があるので注意して下さい。

2回目以降のレッスン

実力テストの結果をもとに教材を用意します。

レッスンの予約をするときに教材を選びます。

教材ごとに学習目的やおすすめの学習者、トレーニングの流れも書かれています。

また、レッスンに必要な宿題も書かれているので、しっかり予習しておきます。

教材の進行度に合わせてトレーニングするため、講師が誰でも流れが大きく変わらず安定したレッスンができます。

レッスンが終わったら実力テストと同様にフィードバックが送られてきます。

良かったところと改善すべきところ、覚えておくと良い単語を教えてくれます。

厳しく言われるだけでなく、ちゃんと褒めてくれるので心が折れなくて良かった。

ただ、講師からのフィードバックはすべて英語です。

わからない単語があったりしたら、自分で調べないといけません。

もう一つ良いところは、講師がレッスンを録画してくれます。

スカイプで送ってくれるので、復習に活用することができます。

自分でもう一度レッスンを聞いてみると、思ったより発音が下手だったり、返事に詰まっていたりして弱点が明らかになります。

自分で自分の声を聞くのは恥ずかしいですが・・・。

こんな感じでレッスンを繰り返していきます。

無料期間だけでも単語力や発音はだいぶ良くなったんじゃないかな?

完璧とはいえないですが、ある程度効果が感じられたのでやってよかったです。

まだ受け答えのスピードが遅く、とっさに英語が出てこないですね。

瞬間英作文のトレーニングもしていく必要がありそうです。

スパトレ5つの特徴

スパトレの特徴は次のようなものがあります。

・低価格
・いつでもレッスン可能
・科学的な学習方法
・幅広いカリキュラムと教材
・自習が多い

それぞれ説明します。

低価格

スパトレは低価格で知られています。

英会話スクールの中でもかなりの安さです。

次のようなプランがあります。

・スパトレプラン:毎月2,980円、1日1レッスン
・無制限プラン:毎月4,980円、回数無制限

どちらのプランでもフィードバックや教材の違いはありません。

1レッスンは25分です。

他のスクールではこれほどわかりやすく低価格なものはほぼ無いと思います。

DMM英会話では1日1レッスンで月額6,480円かかります。

安さを求めるならかなり良いといえますね。

ただし、支払いはクレジットカードだけですので注意して下さい。

いつでもレッスン可能

スパトレは24時間、365日レッスンを受けることが可能です。

深夜は営業していないオンライン英会話スクールもたくさんあります。

その中で、いつでもレッスンができるというのは良い特徴ですね。

生活習慣に合わせてレッスンをすることができるので、勉強が続けやすいです。

仕事で忙しくて受けられない・・・ということが無いわけです。

科学的な学習方法

スパトレは科学的に効果が出るとされる学習方法を取り入れています。

第二言語習得論、認知心理学、脳科学といった研究結果を活用して英語を身につけるトレーニングをします。

第二言語習得論というのは、人間がどうやって第二言語を勉強したら良いか、という研究理論です。

いい加減に外国人と話していれば身につくというわけではなく、科学的な理論に基づいてカリキュラムが作られます。

理論的な勉強だからこそ再現性があり、多くの人が効果を実感できるというわけです。

幅広いカリキュラムと教材

科学的な研究に基づいたカリキュラムで英語を勉強できるスパトレ。

人によって得意なところや苦手なところは違うものです。

そこでスパトレでは次の流れでレッスンをします。

1、実力テストと分析
2、教材や勉強方法の解説
3、教材の準備と自習
4、レッスンでトレーニング
5、フィードバックと復習

最初に実力テストを受け、分析結果に基づいて5000種類もある教材の中から適切なものを選びます。

そして教材を使った勉強方法を解説してもらいます。

その教材と勉強方法にしたがって自習をしておき、レッスンの準備をします。

レッスンでは1対1で講師とトレーニングします。

自習の確認と、実践をしてアウトプットします。

最後にレッスンのフィードバックをもらい、良かったところと悪かったところを明確にします。

このフィードバックをもとに復習して丁寧に身に着けていきます。

人によって英語力には差がありますが、幅広く対応できるようになっています。

自習が多い

スパトレは教材の自習がメインです。

しっかり予習復習をしておくことで、効率の良いレッスンが受けられることが特徴です。

レッスンだけですべてやろうとすると、1回25分では足りません。

レッスン回数がかなり増えてしまうので、時間やお金がかなり必要になります。

自分で勉強してインプットしつつ、レッスンで試してみたり、修正していくことで身につけます。

最近ではこうした自習メインの英会話スクールが現れてきていますが、科学的に効率の良い勉強方法だからです。

英語学習の理論も進化しているので、最短で英語ができるようになりたいなら、スパトレのようになるべく新しい方法で勉強したいですね。

スパトレのデメリット

スパトレのデメリットをまとめてみました。

・講師数が少ない(改善傾向にある)
・ほとんどフィリピン人講師
・スカイプが必要
・インプットが多い
・フリートークの時間が少ない
・サイトの不具合がある

それぞれ説明します。

講師数が少ない

他の英会話スクールと比較すると、講師数が少ないです。

一般的なスクールでは数百人、DMM英会話になると数千人の講師がいます。

一方スパトレは50人くらいしかいないので、混み合うとレッスンが受けられないこともあります。

この少なさは大きなデメリットと言えます。

しかし、少しずつ改善され講師の数が増えてきているようです。

ほとんどフィリピン人講師

講師はほとんどがフィリピン人です。

ネイティブ講師は在籍しておらず、1人2人別の国籍の人がいる程度です。

フィリピン人は英語力が高く自然なアメリカ英語なので、大きな問題はありません。

しかし、ネイティブの講師に教えてほしい場合は向いてないですね。

スカイプが必要

スパトレはスカイプが必要です。

スカイプは通信するためのアプリで、これを使ってレッスンをします。

インストールをしないといけないので、ちょっと手間です。

また、通信状況によっては音声が聞き取りにくいこともあります。

インプットが多い

スパトレは自習の量が多いスクールです。

しっかりインプットしつつ、レッスンでアウトプットしてトレーニングします。

予習復習をしっかりしなければ、身につかないシステムになっています。

自習することが苦手だとツライかもしれません。

フリートークの時間が少ない

フリートークで会話をするという時間があまり多くないです。

日常会話をしたいだけ、という場合は向いていません。

軽く挨拶程度にはあったりしますが、がっつりフリートークはないです。

サイトの不具合がある

たまにサイトに不具合があるようです。

レッスンの予約ができなくなってしまったり、レッスンの日時がおかしかったり、サイトの表示が崩れてしまうということが報告されています。

改善に期待したいですね。

スパトレのメリット

スパトレのメリットをまとめてみました。

・破格の安さ
・インプットが多い
・毎回フィードバックがある
・教材が多い
・サポートが日本人
・無料レッスンが回数ではなく期間
・レッスンが録画される
・ネットで解約できる

それぞれ説明します。

破格の安さ

スパトレは非常に安い英会話スクールです。

プランは2つで、スパトレプラン、無制限プランがあります。

スパトレプランは1日1回のレッスンで月額2,980円。

無制限プランは回数無制限で月額4,980円。

DMM英会話は1日1レッスンで月額6,480円かかります。

大体1万円程度は必要なので、無制限で5,000円というのはかなり安い部類と言えます。

インプットが多い

スパトレは自習が多いのですが、インプットが多いことはメリットとも言えます。

予習復習をして勉強しておいたものを、レッスンでアウトプットして修正していく形です。

レッスンの時間は決まっているので、なるべく無駄なくレッスンをするために必要なんです。

インプットが多いことで効率のいいレッスンができるということになります。

毎回フィードバックがある

レッスンが終わると毎回フィードバックがあります。

良かったところと悪かったところだけでなく、レッスンについて点数をつけてくれます。

予習やトレーニングの効果など、わかりやすく数字で表してくれます。

レッスンが終わるとそれっきりという英会話スクールもあるので、こうしたフィードバックはモチベーションの維持に役立ちます。

教材が多い

スパトレは有名な市販のテキストを教材とするか、オリジナル教材を使います。

使える教材の数は、市販のものが約100種類、オリジナル教材も500教材ほどあります。

かなりの数があるため、自分の目的や英語レベルに合わせて選ぶことができます。

サポートが日本人

スパトレのサポートは日本人が担当しています。

きちんとした日本語で対応してくれるので安心です。

海外の企業だとサポートがいい加減だったりするので、こうした点は良いところだと思います。

無料レッスンが回数ではなく期間

オンライン英会話スクールの無料体験レッスンは回数制が基本です。

1回、もしくは2回無料でレッスンできることが多いんです。

大体はレベルチェックのテストで、今後必要なテキストや勉強法について教えてくれて、勧誘される形式です。

スパトレは無料体験レッスンが期間制になっています。

7日間無料なので、たっぷり試すことができます。

なかなか見られないところなので、ずっと続けないとしても英語の練習としてやってみる価値はあると思います。

レッスンが録画される

スパトレでは、レッスン中の会話が録画されています。

レッスン終了後に録画を送ってくれますので、見直すことができます。

客観的に自分の英語を聞くことができるので、復習にとっても役立ちます。

ネットで解約できる

これはスパトレの便利なところです。

解約に必要な手間が少なく、ネットでパッと解約ができます。

会員ページの支払情報から、サブスクリプション停止をするだけでOK。

英会話スクールでは、もしやめたいとなったときに、電話が必須だったり、教室に行く必要があったり、時間がかかったりすることも多いです。

手軽にやめられるというのは、楽でいいですよ。